Real Estate Crowdfunding

不動産クラウド
ファンディングとは

不動産クラウドファンディングは、「不動産特定共同事業法」の電子取引の認可を受けた事業者だけが出来るサービスです。
ある特定の不動産を特定の期間だけ組合、または出資者で共同所有し、その利益(損益)をシェアするという投資方法。
通常の不動産への直接投資の際にハードルとなる、「初期投資の大きさ」や不動産を取得した後に悩みとなる「賃貸管理の手間」などを解消した新しい投資不動産所有のカタチです。

不動産クラウドファンディングとは 不動産クラウドファンディングとは
特徴
1万円から始められる
特長 1
地方創生・地域活性化に貢献

各地域の強み・風土・文化を継承、掘り起こしのアレンジを行い、具体的な事業化の推進を行ってまいります。その中で投資家様とご一緒に地域活性化を目指したプロジェクトにしていきたいと考えております。

1万円から始められる
特長 2
1万円から始められる

1口1万円から投資ができるので、月々のお小遣いや、 お手元の預貯金やボーナスなどから気軽に始めることが可能です。

幅広い不動産関連事業ノウハウ
特長 3
幅広い不動産関連事業ノウハウ

不動産の売買だけでなく、あらゆる不動産シーンで幅広くサービスを提供しており、不動産クラウドで取り扱う物件についてもあらゆる事業で培ったノウハウを生かした運用を行います。

多様な商品ラインナップ
特長 4
多様な商品ラインナップ

オフィスビル・レジデンスに関らず商業施設やホテルなどのオペレーショナルアセット他、開発事業も行なっており、多様な商品ラインナップを提供しております。これらで培われたノウハウを不動産クラウドの物件に対しても提供していきます。

優先劣後によるリスクの低減

物件の運用期間中や売却時に損失が発生した場合は「優先劣後システム」により
劣後出資割合分までの損失は劣後出資者である当社が負担します。

※ファンドによりスキームは異なりますので、各ファンドの詳細情報をご確認ください
「優先劣後システム」とは?

優先劣後システムとは、お客様を「優先出資者」、当社を「劣後出資者」と定義し、元本の償還及び配当金の支払いを優先出資者に優先的に行うことで、優先出資者であるお客様の元本及び配当金の安全性を高める仕組みのことを言います。
空室や修繕費の発生により家賃利益が減少した場合であっても、まずは劣後出資者の配当金から減らしていくため、一定割合の損失まではお客様への配当金に影響いたしません。
また、物件売却時に売却価格が出資総額を下回った場合でも、発生した損失が劣後出資者である当社の出資範囲内であれば、お客様の出資元本に影響しない仕組みとなっています。

「優先劣後システム」とは? 「優先劣後システム」とは?

会員登録して始める会員登録は無料です

新規会員登録